顎関節症治療|天神橋筋六丁目(天六)の歯医者「NAO(ナオ)デンタルクリニック」

顎関節症治療

tmd

女性にとくに多く見られる
顎関節症

「口を大きく開けることができない」
「口を開けようとすると痛みがある」
「あごの周辺の関節が少し痛む」
「あごがカクカクと音が鳴る」
このような症状がもしも長く続いている場合、それは顎関節症かもしれません。
顎関節症は10代半ばから30代の女性が発症することが多い症状です。
歯のかみ合わせがよくないままに放置していると顎関節への負担が大きくなってしまい、顎関節症を発症してしまうことが多いようです。

こんな方が顎関節症に
なりやすいので注意

  • 歯並びが良くない方
  • 上下の歯をかみ合わせると前歯に隙間があく方
  • 上の歯に隠れて下の歯が見えなくなっている方
  • 口の中に詰め物や被せ物がたくさん入っている方
  • しっかりと合っていない入れ歯を使用している方

顎関節症の原因とは

詰め物や被せ物を作った際に、しっかりとかみ合わせの調整ができていない場合、顎関節症に繋がることがあります。また、矯正治療で抜く必要が無い歯を抜いた場合や、見た目にばかり重点を置いて、かみ合わせのバランスに着目していない場合も顎関節症に発展するケースがあります。

理由に関わりなくかみ合わせにズレがある場合、食事の時などにあごの関節や周辺の筋肉に無理な負荷がかかります。この結果として顎関節に痛みが生じたり、動かすときに音がしたりします。また、頭痛・肩こり・めまいなどあご以外の部分に影響が及ぶ可能性もあります。

実際はかみ合わせのズレから来る顎関節症であっても、他の部位に痛みや違和感がある場合、多くの人は歯科医院に行く症状だと判断することができません。頭痛であれば内科、耳鳴りなら耳鼻科、肩こりならマッサージ院などに行くことが多く、それらの場所に行っても根本的な解決にたどり着けませんから、症状が治まらないのに時間とお金を掛けて通い続けるという事態に陥ってしまうことも珍しくありません。

コンピューターを用いた
正確な検査・診断

状態に適した治療方法をデータをもとにご提案

当院では、顎関節症の診査・診断にコンピューター設備を用いています。そのため、データに基づいた精密な診断が可能ですから、かみ合わせの改善なども細かく行うことができます。
顎関節の痛みや口の開けづらさなどでお悩みの場合は、まずは当院にご相談ください。当院は原因にアクセスして根本から問題を解消することができます。

検査方法の種類

顎機能検査: あごの動きをコンピューターで読み取り、かみ合わせのズレを測定するシステム(CADIAX)
理想的なかみ合わせ: あごの運動距離・角度・歯一本一本の理想的な角度を測定します。
X-ray: レントゲン写真を撮影し、骨格に対して歯の角度が標準からどれくらいズレているか測定します。
ブラキシチェッカー: 就寝時に1日か2日装着し、どこで一番歯ぎしりしているかチェックします。

顎関節症の治療方法

当院では、検査結果に基づいてかみ合わせを改善するために、マウスピースや仮歯を使ってかみ合わせの調整を行っていきます。被せ物や詰め物が原因でかみ合わせのズレが大きくなっている場合には、一旦その詰め物や被せ物を外すこともあります。患者さんの口腔内の状態を見て、理想的なかみ合わせに近づけるには何が必要なのかを見極め、矯正・被せ物・インプラントなどの中から最適と思われる方法を提案します。

顎関節症治療の流れのご紹介

STEP01
カウンセリング

患者さんの症状や既往歴、治療に対するご要望などを伺い、お口の中の状態を詳しく調べます。

STEP02
かみ合わせ検査

コンピューター・器具・レントゲンなどを活用し、あごの関節の状態やかみ合わせを検査します。

STEP03
検査結果から診断、治療計画説明

検査結果をもとに診断し、治療計画をご案内します。治療計画にご納得いただけましたら、治療を開始します。

STEP04
顎関節症の治療

かみ合わせの調整や矯正治療など患者様によってその方法は異なりますので、しっかりご説明したうえで治療に入ります。

顎関節症の治療にかかる期間

かみ合わせがどれくらいズレているかにより個人差は出ますが、顎関節症の治療にかかる期間はおよそ以下のとおりです。

  • スプリント装着期間:およそ1ヶ月間
  • プロビジョナル(仮歯)装着期間:2~3ヶ月間
  • 矯正・補綴処置:約6~12ヶ月間

長く顎関節症を患ってしまっている方は、あごの周りの筋肉や靱帯が伸び切ってしまっていたり疲労がたまっていたりします。それをすぐに治療することはやはり難しいです。
新しいかみ合わせが身体に馴染んでくるには、短くても半年以上はかかると考えておいてください。

ページトップへ戻る