子どもの矯正は期間限定?!|天神橋筋六丁目(天六)の歯医者「NAO(ナオ)デンタルクリニック」

ブログ

blog

スタッフブログや症例紹介もお選びいただけます。

子どもの矯正は期間限定?!

   症例紹介

前回のブログでは、現在問題とされている、
お口ポカンや姿勢の悪さなどについてお話ししました。

今回は、、
お子様の上顎の成長はいつ始まって、いつ終わるのか?!

この図の通り、上顎の成長と下顎の成長は時期が異なります。

上顎は脳の成長と同じパターンで成長します。
成長が大体終わるのが10歳から12歳頃。
その頃には大人と同等の上顎をしています。

下顎に関しては、身長や体重や内臓の成長と同じ一般型の成長過程をたどります。
上顎の成長がほぼ終わる11歳頃から徐々に成長し、成長が終わる時期は18歳から20歳前後と言われています。

このように顎の成長は上と下で全く違います。

子どもの矯正(顎の成長促進)は時期が本当に限られています。
むしろこの時期を逃すと、歯の乱れはどんどん悪化する一方です。

お子様への最大のプレゼントとして、小児矯正をする事も検討してはいかがでしょうか?

ページトップへ戻る